« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の投稿

2012年9月30日 (日)

福島原発告訴団全国集会~福島原発事故の責任をただす!~

(写真はクリックすると拡大します)

 拙著「鎮魂と抗い~3・11後の人びと」(彩流社)を出してから初めての被災地取材で1週間留守にした。刊行前から決まっていた一時帰宅に同行して取材する機会が二度あり、警戒区域の富岡町と大熊町を久しぶりに回ったきた。その報告は今日はしないが、9月22日にいわき市文化センターで開催された「福島原発告訴団全国集会」の報告をしたい。

 当日は午前中の映画上映から、午後の集会とその後の脱原発デモという一日中のイベントだった。参加者は主催者発表で300人。会場は満席で熱気にあふれた。午前中は西山正啓監督が撮影したドキュメンタリー映画「主権在民」の上映があった。私は別取材をしていたので見逃してしまった。

 午後の部の最初のあいさつは告訴団副団長の佐藤和良いわき市議会議員。
 「一人一人の人間性の回復してゆく大切な闘いの出発点にみなさんが全国からおいでいただいた。11月15日に全国から1万人規模の新たな告訴を全国から行うというのが今日の集会です。原発ムラを叩きつぶすまでみんなでがんばりましょう」

 次ぎの主催者あいさつが武藤類子福島原発告訴団長。その後、たんぽぽ舎の山崎久隆さんによる「福島原発の現状と危険性」の講演が1時間あった。午前中の西山監督の上映後のスピーチから山崎さんの講演までが、主催者のホームページにある動画で全部見ることができるので詳細はそちらをご覧ください。

_aaa1122武藤類子団長の主催者あいさつ。
 「8月ごろから全国を回り、たくさんの方から事務局をやるよといわれ、今は全国10ヶ所に事務局ができました。広がった輪をさらに広げていきたいと思います。そびえ立つように立っている原子力ムラや政府に、小さくてもいいから楔を打ち、日本を変えていくことをみなさんと共にやっていきたいと思います」

_aaa1229

_aaa1167山崎久隆さんの講演。
_aaa1162

◯告訴団の弁護士3人の登場:保田行雄弁護士。河合弘之弁護士。海渡雄一弁護士。
_aaa1170保田行雄弁護士。
 「文科省の賠償指針を読むと、被曝補償の項目がない。福島県民の被曝の問題がまったく考慮されていない。今回は被曝の問題を中心にすえて運動していこうと告発ではなく、告訴に踏み切った。業務上過失致死罪で告訴していく。福島県民1324人が告訴に立ち上がった意義は大きい。
 県立医大では山下教授が陣取って被曝の原因はないと言っている。山下氏が長崎で去年出した本、「正しく怖がる放射線の話」の内容にはこうある。『戦後国内最悪の原子力災害において、とくに福島県において放射能汚染とともに新たなヒバクシャを生み出した』と書いた。彼らは真相をかなり深刻に受け止めている」。
 「検察庁に本気になって捜査をさせるかどうかが重要。これからの国民世論にかかっている。11月の全国の集団告訴が成功するかどうかにつながっていく」

_dsc5923
_aaa1198保田弁護士。

_aaa1234河合弘之弁護士。

 「東電の役員は誰も引責辞任をしていません。これは正義に反すると感じています。こういう大きな事故が起きた時には、まず真実を追及し、責任者を罰するところから全てが始まらないといけない。東電役員たちの民事上の個人責任を追及すべきと、42人の東電株主とともに、5兆5046億円の損害賠償をしなさいと。去年株主賠償訴訟をしました。東電役員は肝を冷やしている、全ての財産を失うかもしれないという恐怖の中にいます」

 「訴訟は困難ですが、最大の武器は各事故調の調査報告書です。みなさん告訴人になるからにはアンチョコだけは読んでほしい。国会事故調は、電力の事業者と規制する側の安全委員会の共謀による『意図的先送り』によってこの事故が起きたといっている。意図的ということは『業務上過失』ということ。先送りは『不作為』ということ。行政は事業者の虜となっていたと分かり易く非難している。これを否定するのは検察にも難しい。告訴を闘う武器を私たちは手にしたといえる。目の前の霧が晴れてきた」

「起訴までもっていくのだ大事なことが二点ある。国民の怒り、被害者の怒りを検察官に肌でわからせること。1324人が告訴したことは意味がある。さらに日本中の国民が怒っていることを示すためには全国の告発団を構成して、何万人もの告訴人が告訴状を出し、市民としての怒りを検察に示していくことが大事」

_aaa1270河合弁護士が自ら作った原子力ムラ相関図。
「経済の6割から7割を占めるほど原子力ムラは強大。この構造を崩さない限り原発は止まらない」

_aaa1210

_aaa1239海渡雄一弁護士。

 「弁護士32年目。10数件原発訴訟をやってきた。たくさん負けてきた。今回の事故に直接つながる悔しい判決が二つあります。一つは「もんじゅ」訴訟。名古屋高裁金沢支部で完全勝訴した。それが無惨にも最高裁で逆転敗訴。今回の悲劇に直結しているのが浜岡原発の静岡地裁判決。忘れもしない2007年10月26日。石橋克彦先生は法廷に入らなかった。嫌な予感がすると。みんな勝つと思っていました。だけど負けてしまった。めっちゃくちゃな判断でした。判決直後の石橋先生のコメントが忘れられない」

『この判決が間違っていることは自然が証明するだろうが、その時我々は大変な目にあっているおそれが強い』

 横で聞いていて鳥肌が立つ思いをした。(海渡さんは声がうわずった涙声で)あの裁判で勝てていれば、全国の原発で地震と津波対策が進んだのではと思う。福島の事態を食い止められるはずだったのに食い止められなかった」

 「日本の近代史に類例を見ない怖ろしい企業犯罪の実態を、法廷で明らかにしていきたい。できたら検察の手で刺させたい。検察審査会の手で法廷に持ち込むという手が残っている。3人目の弁護士ですがご一緒させてください」

_aaa1275全国に組織された告訴団各支部代表のあいさつと抱負。

甲信越事務局。関東事務局。北陸事務局。関西事務局。静岡事務局。中部事務局。東北事務局。中四国事務局の各代表が壇上であいさつした。

◯集会アピール→→→主催者のホームページに全文が掲載されています。以下は冒頭の引用:
 「おびただしい被害を出し、命を傷つけ、かけがえのない自然環境を破壊しながら、この未曾有の原発事故でなぜ誰も責任を問われないのか。
 こんなあからさまな不正義、不条理が目の前で起こっているのになんの手も打たれない日本は本当に法治国家なのか。
 当たり前の正義が通る社会にしたい_そんな思いから、2012年3月に生まれた福島原発告訴団は、1324人の告訴人を集め、6月11日に第1次告訴をしました。・・・・・・」

◯閉会のあいさつ:石丸小四郎副団長。
 「第一と第二の間に50年住んできました。東電城下町に等しい所で思ってきたのは、原発ほど不条理で、理不尽で、世代間不公平があり、差別的なものはない。この4つの言葉が数千倍にふくらんで私たちに襲いかかってきています。4つの言葉は「原発さえなければ」と書き残して自死した酪農家にも共通することばだと思います。
「加害者極楽被害者地獄」 このことばは許すことができません。残りの人生の全てをみなさまと共にこのことばを許さないとの原点で闘っていきたいと思います」

◯脱原発デモ(いわき文化センターからJRいわき駅まで)
 デモ参加者は100名ほどに激減した。事務局スタッフは片づけなどで参加できなかったようで、全国から参加した人は帰宅の時間が迫っていたためだろうか。

_dsc5999右端が告訴団副団長の石丸小四郎さん。
_dsc6051最前列左端が告訴団副団長の佐藤和良氏。
_dsc6022
_dsc6068
_dsc6024

◯結びに河合弁護士のコメントを引用しておきたい。
 「経済の6割から7割を占めるほど原子力ムラは強大。この構造を崩さない限り原発は止まらない。福島原発事故によって9分の1が崩れただけ。最後は政治を変えるしかないと思う。
 『原子力基本法(国策とするという宣言が書いてある)』を廃止して、国策として脱原発基本法を作り、それをリトマス試験紙にして次ぎの選挙でこれに賛成か反対かを問い、賛成の人だけを当選させていく。首相が変われば法律が変わる。国策として脱原発にしないとダメなんです。
 仮に閣議決定しても自民党政府になったら全部おじゃん。このまま選挙したら自民党勝っちゃう。今まで積み上げてきたものがみんなおじゃん。それを食い止めるには、これまでの成果を法律によって固定化していかないといけない」

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

「放射線を浴びたX年後」を観た(ポレポレ東中野)

(写真はクリックすると拡大します)
 
_aaa0497ポレポレ東中野

 ポレポレ東中野で「放射線を浴びたX年後」を観た。以前に深夜のNNNドキュメンタリー(日本テレビ系列の深夜番組)で観た内容と重なるが衝撃的だ。これぞ時間をかけたドキュメンタリー。基本的な事実は、第五福竜丸の大石又七さんを取材しているので理解できているつもりだが、「X年後」で突きつけられる、政府が国民の命も健康も守るつもりもない、という事実を知ることは、「3・11」の福島第一原発事故後を生きる私たちには辛い。
_aaa0137第五福竜丸展示館に展示されているブラボー水爆の写真。

 58年前の1954年3月1日、ビキニ環礁での米国による連続水爆実験=キャッスル作戦が、ブラボー水爆によって開始された。広島に投下された原爆の1000倍の破壊力を持つブラボー水爆により、死の灰を浴びたのが近海で操業していたマグロ延縄漁船第五福竜丸の乗組員23人。「X年後」が暴露するのは、新聞などのメディアが被爆した大石さんたちを大々的に報道した第五福竜丸事件の影に隠されてきた日米両政府が隠ぺいし闇に葬った歴史的事実。

 連続水爆実験により放射能汚染された「放射能マグロ」を廃棄した漁船は、何と992隻。他にもマーシャル諸島付近を航海した貨物船「弥彦丸」乗組員も被ばくしていた事実が明らかにされる。大石又七さんの乗った第五福竜丸は静岡県焼津港所属だったが、マグロを廃棄した漁船の3分の一は高知県船籍だった。取材班が追跡取材する中で、寝た子を起こすなというような扱いで、元乗組員と思われる男性に怒鳴られて追い返される場面もある。
_aaa0193第五福竜丸展示館

_aaa0194第五福竜丸展示館

 漁船の出港地は三陸沖から神奈川県浦賀港など全国に広がり、高知県外が多い。中でも、ロメオ水爆の死の灰を浴びた第二幸成丸(浦賀港から出港した室戸船籍)の生存者の元航海士と、乗組員19人中17人がすでに死亡した新生丸の甲板員の配偶者らが登場して証言する。

_aaa0201第五福竜丸展示館

_aaa0524ポレポレ東中野

_aaa0510ポレポレ東中野

 日本政府は5月になって、科学者を乗せた放射能調査船俊こつ丸をマーシャル諸島周辺まで出し、マグロやカツオの放射能汚染などを刻銘に測定。その結果、ビキニ環礁に近い海水が高濃度に汚染され、最大値はカツオの肝臓が48000カウントを計測(48000cpm)。マグロやカツオが高濃度に放射能汚染されている事実がわかる。

_aaa0518ポレポレ東中野

 しかし、ブラボー水爆から9ヶ月後、米国は慰謝料200万ドル(日本円で7億2千万円)を日本政府に支払うことで秘密裏に政治決着を計った。米国からの慰謝料のうち、4分の3はマグロに対する損害賠償として、残りが第五福竜丸乗組員の治療費などにあてられたことが閣議決定された。日本政府は汚染マグロの放射能検査を12月にストップして流通が復活。死の灰を浴びた漁船員らへの救済も補償も謝罪金なく、一切の被ばくの事実も、日本列島が放射能汚染された事実までをも日米両政府は隠ぺいしようとした歴史の暗部を、「X年後」は突きつける。

 「X年後」では「パンドラの箱」を開けた人物として登場するのが元高校教師の山下正寿(まさとし)さん。1985年に地元高知県の漁船が被ばくしていた事実を生徒とともに調査したところから、山下さんの終わりの見えないライフワークが始まった。沿岸部での3年に及ぶ追跡調査で消息がわかった乗組員241人のうち、77人がすでに死亡していた紛れもない事実が衝撃的だ。生きていれば、50~60歳代の年齢層だ。

 「X年後」を制作した愛媛県の南海放送は、2009年に米エネルギー省から水爆実験を所管した米原子力委員会が作成した機密文書を入手した。今でいうSPEEDIのようなデータだ。水爆実験による放射性物質の拡散が刻銘に記録されている。実験の一年前には東京、広島、長崎、三沢、嘉手納に放射能測定のためのモニタリングポストさえも設置されていた用意周到ぶりだ。ブラボー水爆実験から2ヶ月が過ぎようとする5月17日、日本列島全体がその後の水爆実験による放射性物質が降下したことを示す記録も含まれている。
_aaa0503ポレポレ東中野

 南海放送は優れたドキュメンタリーを制作しつづける地方局。20人中17人の漁船員が40歳代から続々を死亡した新生丸の乗組員の死因はほとんどが「がん」だという事実が重い。ぜひ観てほしい。日米両政府の腐りきった癒着と隠ぺい体質を。
 ビキニ環礁での水爆実験による乗組員の被ばく調査を続け、被爆者手帳が交付されるような救済の道を見つけだそうと奔走する山下正寿さんはいう。

「こんなことを許していては、日本人の資質が問われる」と。

 第三の原爆を頭上に落とされ死の灰を浴び早死にしていった漁船員は、死をもってX年後に何が起きるかを訴えている、とラストナレーションが流れる。

_aaa0185第五福竜丸展示館

 映画にはない部分で、多数の乗組員の被ばくを隠ぺいした事実に輪をかけて怖ろしいのが、放射能マグロの廃棄、列島の放射能雨による食品汚染などから一気に高まった反米感情と原水爆禁止署名運動を、日米がどうやって抑圧したかだ。ビキニ事件によって始まった原水爆禁止署名運動は9ヶ月後の12月には2000万筆をこえた。慌てた米政府は慰謝料を払い日本政府は問題解決済みとする。さらには反核世論を抑えるために、中曽根康弘らが求めていた原子力開発(ビキニ事件前後に、ウラン235にちなんだ2億3500万円の原子力予算が中曽根康弘らによって国会に提出されていた)に応えるように、米政府は原子炉と原子力技術を日本に提供するに至った。

 大石又七さんは、第五福竜丸事件が原子力発電導入のきっかけだと話している。大石さんの体験談と第五福竜丸展示館についてのブログはここをクリック(2012年1月30日)

 最近、高橋哲哉氏の著書、「犠牲のシステム 福島・沖縄」(集英社新書)を読んだ。原子力発電所は究極の「犠牲のシステム」で成立している。原発作業員の被曝労働という犠牲があってはじめて成立する発電システムであることは、福島第一原発事故により私のような都会の電力消費者にようやく認識されるようになった。

 大石さんが指摘するように、ビキニ事件が日本の原発が導入されたきっかけだとしたら、第五福竜丸を含む全ての漁船乗組員の被爆や被曝という犠牲を踏み台にして、日本の原発は開始されたということだ。もしも、隠ぺいされた事実が「X年後」で明るみに引っ張りだされたように、多数の漁船員の被爆と、「がん」などによる早死が、第五福竜丸事件とともに全国的に報道されていたならば、原発の早期実用化には反対運動が起きて時間がかかったのではないかと思うが、どうだろうか。

(注:「X年後」と第五福竜丸展示館に示されているデータは若干異なります。映画で引用されるデータの方が、より新しく、正確かと思われます)


◯取材活動支援のお願い
フォトジャーナリスト 山本宗補活動支援
ジャーナリストの活動を支えてください。

・郵便振替口座(加入者名 山本宗補)
00180-1-572729

・銀行振込
城南信用金庫
店番036 普通口座 ヤマモトムネスケ 口座番号340130

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 9日 (日)

主権在民の闘いはあきらめることがなく続く。取材も続く。(9・7、9・8、9・9)

(写真はクリックすると拡大します)

 久しぶりに続けて三日間、あきらめない市民による主権在民を取り戻す闘いの現場を取材した。
恒例の官邸前の原子力規制委員会人事案撤回要求行動と、日比谷~銀座ルートでの上関原発建設反対デモ。それに国会議事堂を取り囲んで実施された、オスプレイ配備反対集会だ。写真の解説はなしです。

◯9月7日の官邸前「再稼働反対」「人事案反対」集会。議事堂前から合同庁舎前での分散型行動となった。_aaa8624
_aaa8661
_aaa8669
_aaa8698
_dsc4800
_dsc4809福島原発告訴団団長を務める福島県田村市の武藤類子さん。
_dsc4832

_aaa8872合同庁舎前
_aaa8890
_aaa8818
_aaa8997
_dsc4854議事堂正門前。ミサオ・レッドウルフさん
_aaa8945

_aaa9071
_aaa9051


◯9月8日の上関原発建設反対と命の海を守るためのパレード=『いのちの海を埋め立てないで ~上関・祝島 自然とともに生きる未来へ~パレード』から。
_dsc4897
_aaa9312
_aaa9343
_dsc4971祝島の反対運動の先頭に立ってきた父親の後を継いだ山戸孝さんも参加。

 忘れてはならないのは、原発建設に反対してきた瀬戸内海の離島の祝島島民たちは、大手メディアが取材しようとしまいと、巨大な電力会社や国を相手に30年も不屈に闘いつづけ、圧力をはねのけてきたことだと思う。2010年3月に祝島を取材したときの写真はこちらをクリック。

_aaa9272

_aaa9324東電本社前でひときわ抗議の意思をこめて叩くドラム隊。
_dsc4909

_aaa9410
_aaa9380
_aaa9394

_dsc5016西銀座を通りかかると、幸福実現党が原発推進の街宣をやっていた。原発事故の深刻さを認識せず、自分たちだけには放射性物質は降らないと思いこんでいるのだろう。醜いことこの上ない。

_dsc5051

_aaa9388


◯「9月9日は沖縄のオスプレイ反対県民集会に連帯する国会包囲行動」_dsc5150
_dsc5085
_aaa9601
_aaa9475

_aaa96293・11後の近著に「犠牲のシステム 福島・沖縄」がある哲学者の高橋哲哉さん。「墜落事故や緊急着陸など相次ぐトラブルは、オスプレイ自身がその危険性をメッセージとして発しているのだと思う。沖縄県での反対運動が不要になるくらい、この首都圏で運動の機運を高めていきたい」

_dsc5285
_aaa9584
_dsc5184
_dsc5345官邸前の脱原発集会にもよく参加する9歳の小学校3年生。自分で書いたプラカードを体に巻き、ノリノリのオスプレイ反対スピーチ。「子どもの頭の上を戦闘機が飛んでいるのをゆるせません!」

_dsc5253

_dsc5228

_dsc5249
_dsc5394

_dsc5413

◯取材後記
 首相官邸前での「再稼働反対」集会を一つのきっかけとして、官邸前や議事堂前での政府に対する抗議行動への参加者は、気軽に現場に足を運ぶようになっている。どこかに置き忘れていた「主権在民」という憲法の神髄を取り戻そうとするかのように。この国の主人は政府でもなく、官僚でもなく、大企業でもないことを思いだし、国民一人一人が主人公であることを、恥を知らずで、無責任な議員や官僚ばかりとなった永田町の「町人」にわからせようと。

 闘いに終わりはなく、闘いは国民の権利を少しづつ取り戻していく長いプロセスなのだと思う。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

新刊のお知らせ:山本宗補写真・文『鎮魂と抗い~3・11後の人びと~』 Notice! New Publication coming soon. Yamamoto Munesuke Photoreportage.:"Prayer for the souls and resistance against radioactive contamination ~survivors of 3・11~"

Notice! New Publication coming soon. Yamamoto Munesuke Photoreportage.:"Prayer for the souls and resistance against radioactive contamination ~survivors of 3・11~"(Sairyusha 2500 yen +tax)

 1年半にわたる「3・11」取材をまとめたフォトルポルタージュがまもなく刊行されます。
これまでの取材の多くはできるだけ早い発信によりネットユーザーに情報を共有してもらうことを優先し、当ブログやTwitter、JVJAが独自に編集発行するオンラインマガジンの「fotgazet」というネットメディアで発信してきました。
 ですが、より幅広い層に東日本大震災と福島第一原発事故という天災と人災が、日本社会を同時に襲った現在進行形の深刻な危機は去っていないことを忘れないようにと、スティール写真の力を信じ、読者の記憶に刻んでいただくことを願って紙媒体として1冊にまとめ、記録として残そうとしました。
 原発事故の収束さえまだ見えない、避難住民にとっては、まだ生活再建の目処さえも立たない、長い年月をかけた不安で厳しい日々が続くことになります。その意味でも、本書は取材の途中経過報告書です。

 大津波の被災地も原発事故の深刻さも、決して切り離して考えることはできません。

以下の詳細は転送転載大歓迎です。お申し込みは彩流社やお近くの書店、またはアマゾンなどのネット書店をご利用ください。また5冊以上の一括購入は、私に直接ご覧ください。どうか本書の購読をよろしくお願いします。

Chinkon_cover


          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
山本宗補フォトルポルタージュ『鎮魂と抗い~3・11後の人びと~』
(彩流社、9月中旬刊行。A5版200ページ全カラー。2500円+税)

●もはや人の力ではどうしようもない環境で、歯を食いしばるように必死に生きている人びと、原発事故に抗って生きる人びとの記録。【警戒区域の写真も多数】

●本書は一人のフォトジャーナリストが大津波被災地と福島原発事故による計り知れな
い被害を取材し、写真の持つ力と写真では伝わらない情報を本文で補うフォトルポルタ
ージュである。忘れてはならない、忘れ去られてはならない未曾有の出来事を、記憶に
刻みつけたいと願う筆者の途中経過報告である。

●悲しみと鎮魂の大地の圧倒的な写真群。家族を失った被災者三人の三様の心のヒダ。

●膨大な死者行方不明者の鎮魂と供養に取り組む僧侶三人の、仏教者としての感性と取
り組み。
(鎮魂1)小原宗鑑、岩手県盛岡市。(鎮魂2)佐々井秀嶺、岡山県出身インド在住。
(鎮魂3)高橋英悟、岩手県大槌町。

●立入禁止区域(警戒区域)30ページの写真群が大手メディアが伝えない原発事故の深
刻な実態を伝える。
●目に見えない放射線に抗い、東電や国に敢然と立ち向かう福島の6人の「個」の生き
様を伝える6本のフォトストーリー。

(抗う1)原発から14㌔の浪江町で生活しながら、牛の殺処分を拒否し300頭の牛を生
かし、生かす意味を問い続ける吉沢正己。

(抗う2)家も土地も失い避難生活を送りながら、脱原発を公約に大熊町長選を闘い、
中間貯蔵施設受け入れの署名活動を展開する木幡仁・ますみ夫妻。

(抗う3)原発から12㌔の富岡町の自宅に留まり、生き物に対する人一倍の愛情でペッ
トを助け、放れ牛を生かす松村直登。

(抗う4)全村避難となり、牛も農地も、村落共同体の絆も失った怒りと悲しみを、メ
ディア不信から自ら全国各地で訴える飯舘村の酪農家・長谷川健一。

(抗う5)国も県も取り組まない福島市の除染と汚染土の仮置き場を引き受け、ボラン
ティアを続ける住職の阿部光裕。

(抗う6)祖父の代から受け継ぐ酪農を廃止寸前に踏みとどまり、放射性セシウムを減
らすため、自家製のエサ作りに孤軍奮闘する南相馬市の酪農家・瀧澤昇司。

●「中通り」の子どもを持つ親たちの不安と抵抗。福島県民の広島入市被曝体験と長崎
入市被曝体験。「原爆写真家」と呼ばれた福島菊次郎の福島取材。原子力発電所導入の
きっかけとなったビキニ事件被爆者・大石又七の訴え。

●(抗う7)新宿で、福島で、官邸前で、代々木で、杉並で大きなうねりとなって広が
る「脱原発」を求める人びとの、主権在民の意思表示を10数ページで紹介。
(敬称略)

 お申し込みは彩流社やお近くの書店、またはアマゾンなどのネット書店をご利用ください。また5冊以上の一括購入は、私に直接ご覧ください。どうか本書の購読をよろしくお願いします。
彩流社ホームページ

              ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »