« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の投稿

2011年6月30日 (木)

大震災被災地で読経し、原発廃止が死者の真の回向と実感した日本人僧

昨日の6月29日、佐々井秀嶺師が静かにインドへ帰国した。44年ぶりの帰国を果たした佐々井師が、「もう二度と日本には帰ってきません」と誓って日本よりも長く生活するインドへ帰国したのが2009年6月。丸2年が過ぎていた。昨年10月には、「必生 闘う仏教」と題した著書を集英社新書から出版しているので、日本国内でも佐々井師の存在と活動を知る人が一挙に増えていた。

今回の二回目の一時帰国はご本人の希望で一部の支援者以外には内密にされていた。佐々井師は東日本大震災の津波の映像をインドのテレビで毎日のように見続け悲しんでいたという。もう帰国しないと言い切ったものの、居ても立っても居られずに帰国したのは6月8日。帰国する意志を電話で知らされた私は、津波被災地を案内しますので、膨大な犠牲者を弔ってくださいとお伝えした。

6月13日からの三日間、私は佐々井師を案内し、3人の日本人のお弟子さんと、長年師のドキュメンタリーを撮影している三旅氏との6名で岩手県の宮古市から福島県までの弔いの読経行脚を開始した。

_aaa9348岩手県宮古市  6月13日

_aaa9404_2岩手県宮古市  6月13日

_aaa0788宮城県南三陸町  6月14日

_aaa0428_3 岩手県大船渡市  6月14日

_aaa0894宮城県石巻市 6月14日

_aaa1149宮城県東松島市野蒜  6月15日

_aaa1464_2福島県南相馬市原町区  6月15日

佐々井師は各所で主に般若心経を唱え、パーリ語の五戒門を唱え、読経後には犠牲者や被災者に呼びかけるように口上を唱えて締めくくった。佐々井師は、3日間の主な被災地での駆け足的な鎮魂の読経を振り返り、こう感想を話してくれた。

このように大規模な被害は想像を絶するもので、ことばでは言い尽くせない。胸がいっぱいになりました。同時に私たちは大自然の脅威に対し、もう何もできなく手を挙げております。

ただ、原子力発電所の問題については、全東日本、あるいは全日本、ないしは全世界に深い影響を与えています。原子力発電は我々のために人工的に良いことをするというために成したことですが、科学的なもので人類の手によって人類を滅亡せしめ、人類の手において日本を破滅に導く現代の科学、そうしたものに対し大きな怒りを覚えました。

お勤めしたように仏陀は平和の使途である。そのためには遠慮ない呵責ない発言をさせていただきました。まず原子力発電所を止めなければならない。地下に眠った多くの人たちに対する本当の回向は、政府が原発を廃止することが真実の回向となると思う。地下に眠る25000人の怨霊は、地下において絶叫している。その声が聞こえないのか、これからの日本を再びわれわれのようにするのかと絶叫している。

いかに坊さんが教典を読経して歩いても、この原子力発電所を廃止できなければ、教典も無力であり、仏法の法道も教学も一切の宗教の教学姿勢も無益である。ましてや「もんじゅ」だとか「ふげん」だとか、菩薩の名前においてそうした原子力発電所などができていることは断じて許し難いものである。文殊菩薩の本当の菩薩道を見つめよ。普賢菩薩の本当の菩薩道を見つめよ」(文責:山本宗補)

佐々井秀嶺師のことを知らない読者のために付け加えておきたい。2年前の二ヶ月間の日本全国を行脚した際、佐々井師は広島と長崎では被爆者を追悼し、長崎の「嘉代子桜」との縁で山梨県の子どもたちによる紙芝居グループとの交流もある。

10数年前にインド政府が地下核実験を実施した時には、仏教徒を率いてデリーに乗り込み、国会議事堂の当時の首相に向かって、「仏陀の誕生日に核実験をやった大馬鹿者のバジパイ首相よ、出てこい」と怒鳴ったこともある仏教者だ。

佐々井師は母国日本の津波被災地を目の当たりにして、大乗仏教のいう無常観を深くかみしめる機会を得たようだった。7年前から佐々井師の活動に密着してきた私にとっても、師を案内できたことは意義深いことだった。

(同行者は井上空龍、高山龍智、宮本龍勝、小林三旅の各氏)

佐々井師に関する私のルポはWebでご覧ください。◇山本宗補HP:インド:佐々井秀嶺・アンベードカル・インド仏教

 

 

◯取材活動支援のお願い フォトジャーナリスト 山本宗補活動支援 ジャーナリストの活動を支えてください。 ・郵便振替口座(加入者名 山本宗補) 00180-1-572729 ・銀行振込 城南信用金庫 店番036 普通口座 ヤマモトムネスケ 口座番号340130

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

もうじき出ます。大震災写真集2冊

大震災を取材した写真集が共著で6月末に2冊刊行される。ぜひ書店で手にとっていただきたい。

311_2「3・11 メルトダウン 大津波と核汚染の現場から」(凱風社、1800円+税)A5版、160ページ

Tunami311「TUNAMI 3・11 東日本大震災記録写真集」(第三書館、2800円+税)A5判 524ページ 並製

凱風社の写真集では「まえがき」を書きました。2冊ともネット書店で予約購入もできます。10人をこえる顔ぶれでの共著なので、原稿料なないに等しいですが、フリーランスの活動を支えていただく最も有効な手段が著書の購入です。被災地を身近に感じてください。どうか宜しくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

大震災から3ヶ月:瓦礫はどこまで片づいたのか?

被被災地で生計を立てるものにとっては早い(?)もので、大震災から3ヶ月が過ぎた。13日から15日までの三日間、被災地が初めての人たちを案内しつつ、東北3県を駆け足で回った。個人的には一月半ぶりとなった。原発事故に関心を奪われる日常で、津波被災地の今を忘れてはいませんかという気持ちで各地の写真を紹介したい。こうした状況が全てではないが、被災者の日常や気持ちの立ち直りなどの報道とは別の側面も確かな現実の一部なのだ。

久しぶりに被災地を回っての最たる印象は、なぜ瓦礫の撤去に自治体や市内によって大きな差が生じているのだろうかという疑問だ。瓦礫の撤去が手つかずといってもいい地区がたくさんある。同時に、撤去しても撤去しても山のように残された瓦礫を片づけることの途方もない困難さを表しているのかもしれない。おそらく、どちらもその通りなのではないかと思う。実際のところ、三陸海岸の半島や小さな入江などはほとんと見ていないし、幹線道路から奥に入るほど、水が引いただけで何も変わらない光景が展開しがちなのだ。

Photo_14岩手県宮古市内の瓦礫集積場  あらゆるものが混然と積み上げられている 6月13日

Photo岩手県山田町 JR陸中山田駅  6月13日

Photo_2岩手県大槌町吉里吉里  6月13日

Photo_15 岩手県釜石市中心街   東前地区  6月14日

Photo_5岩手県大船渡市中心部   6月14日

Photo_6岩手県陸前高田市  瓦礫撤去が最も早い印象を受けた  6月14日

Photo_7宮城県気仙沼市鹿折地区 焼け焦げた自動車など、かなり片づいたが・・ 6月14日

Photo_8宮城県南三陸町 地盤沈下のためか、港に近い道路が冠水したまま  6月14日

Photo_9宮城県石巻市門脇地区 広範囲に壊滅した住宅街がスローガンを取り巻く 6月14日

Photo_10宮城県東松島市野蒜地区  ほとんど手つかずに見える  6月15日

_aaa1192宮城県仙台市若林区 民間解体業者の敷地に山積みされた被災車 6月15日

Photo_11宮城県名取市閖上地区 水も引き船も車もほとんど撤去された 6月15日

Photo_12福島県南相馬市鹿島地区  20隻をこえる漁船はそのままだった 6月15日

Photo_13オマケ:福島県南相馬市国道6号線  原発から25㌔の検問所 6月15日

少し前、NHKクローズアップ現代で膨大な瓦礫除去の問題を扱っていたが、全体の2割が瓦礫集積場に運び込まれただけだという。小さな自治体にとっては100年分に相当する瓦礫だともいう。集積する場所がないことも大きな問題だが、撤去にかかる費用も膨大だ。当初から国が撤去費用を払うことを途方もない被害を出した各自治体に徹底していればもっと片づいていたのではないだろうか。

6月17日、石原慎太郎都知事は2020年のオリンピックを東京に誘致したいと言い出した。新聞によると、前回の誘致のための基金が4000億円残っているとのことだ。150億円を誘致キャンペーンに浪費したことにも驚いたものだが、そんな大金が残っていることに自体に驚愕する。4000億円あればどれくらいの瓦礫が除去できるだろうかと考えてしまう。税金の真っ当な使い方は何か?大震災被災地はいまこそ膨大な予算が必要なのだ。

  

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年6月12日 (日)

6・11反原発100万人行動 in 新宿

今日の反原発デモは新宿で撮影することにした。先月の渋谷でのデモ行進よりもさらに参加者の世代が幅広く、1人1人のメッセージがオリジナリティが出ているように感じた。何よりも参加者数は相当なものだ。2万人という数字もあるが、果たしてどのくらいの市民が参加したのだろうか?果たして、テレビ新聞などのマスメディアはどのように報道するのだろうか?はたまた黙殺?するのだろうか?私ができることは、着実に盛り上がる反原発の動きを写真で伝えることだ。

_aaa8153

_aaa8609

_aaa8271

_aaa8437

_dsc0029

_aaa9143

_aaa8870

_aaa8388

_dsc9968

_dsc0042_2

_aaa8951              雨宮処凛さん

_aaa9032      

_aaa9133

_aaa8798

_dsc0016_2

_dsc0004_2

_aaa8139    

    

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011年6月 2日 (木)

融ける国会、拡散する放射能汚染

大津波と原発事故の複合的災害が現在進行形で続いている。10万人以上が避難所生活のままだ。今を国難と認識しながら、与野党が小異をすてて大同で協力しあうことができないでいるのはどうしたことだろう。政治家が仕えるべき相手は誰なのか?有権者か?派閥のボスか?はたまた現実を直視することのできない原発利権集団か?

東日本大震災からすでに80日。これまでに本領を発揮できていない国会議員は、ベテランであろうと若手であろうと、これから実力を発揮できるということはない。国民の命が危機に瀕しているときに「実力」を発揮しなくて、いつ発揮するのか。そんな議員連中を生み出したのは私たち有権者なのだが。

もっとも心配なのは、日和見的ではあっても自然エネルギーにシフトする意思を見せつつある菅政権が倒れることで、原発推進派が謝罪もなく、責任も取らず、復活することだ。とりわけ原発推進を国策として取り組んできた自民党。その自民党と同衾してきた公明党。

議員連中は国民の税金で建てられた頑丈な議事堂で、放射能が拡散している現実を見ることもなく、自分の仕える相手を今度は誰にしようかと迷うことができる。しかし、福島第一原発から230㌔離れた東京都民でさえも、通常の数倍も高い放射性物質が舞う中で生活せざるをえない現実がある。

6月1日、都内数ヶ所で放射線量を測定した。これまで、自宅前や銀座で測定したことはあったが、うかつにも、都の公表するモニタリング数値を参照していたところがあった。日本共産党都議団による放射線量測定(5月はじめ~25日)データがネット上で紹介されたことにも触発された。その報告書の中で、最も数値が高いと指摘された葛飾区の水元公園などが気になったので測定してきた。(平常時の環境放射線量は毎時0.05マイクロシーベルト前後。以下の数値が低いのか高いのかは、原発周辺で測定したブログ写真を参照すると、より身近に感じられると思います。4月19日 写真で見る被災地の放射線量比較

_aaa6502 つくばエクスプレス線八潮駅前(埼玉県八潮市)は毎時0.2マイクロシーベルト前後

_aaa6510 葛飾区水元公園入口を入った噴水公園は、最大値が毎時0.38マイクロシーベルト

_aaa6519 同公園内の菖蒲園では毎時0.40マイクロシーベルトを測定。この数値が公園内10ヶ所ほどせ測定した中で、この日の最大値だった。

_aaa6535 同公園内、蓮の花が咲く池の真上では毎時0.10マイクロシーベルト平均で、水に近づいているのに草地よりも下がった。

_aaa6547 蓮池周りの草地では毎時0.28マイクロシーベルト。共産党都議団による測定では、同公園内の数ヶ所で毎時0.36から0.39マイクロシーベルトが測定されている。

_aaa6567 公園脇にある釣堀。周縁の並木の下で毎時0.24マイクロシーベルト。

_aaa6571 JR金町駅前(葛飾区)では毎時0.24マイクロシーベルト前後。歩道上なのに公園の草地と変わらない。

_aaa6582 東京都水道局金町浄水場の敷地角で毎時0.25マイクロシーベルト前後

_aaa6595 「東京都水道局 安全でおいしい水をみなさまに」 看板前では毎時0.26マイクロシーベルト

_aaa6617 浄水場近くにある寅さんの柴又帝釈天の山門前では毎時0.16マイクロシーベルト前後

_aaa6629 JR小岩駅前(江戸川区)では毎時0.17マイクロシーベルト前後

_aaa6775 渋谷駅のハチ公前交差点では毎時0.10マイクロシーベルト平均。これはゴールデンウィーク前の銀座4丁目の交差点とほぼ同じ数値。

_aaa6795 同交差点の手前では若干数値が上がって、毎時0.15マイクロシーベルト平均

_aaa6830 渋谷駅山手線ホームでは毎時0.04マイクロシーベルト

_aaa6832 JR新大久保駅前(新宿区)では毎時0.07マイクロシーベルト前後

_aaa6895 (追加:6月2日午後3時、小雨降る国会議事堂前。建物の中では溶け出した頭脳の議員たちが内閣不信任案の賛否に熱を上げた。測定値は毎時0.12マイクロシーベルト平均)

全国で独自に放射線量を測定しようとする動きが広がっているという。当然の対応だ。東京都の場合は地上から高さ18mの位置での測定値が日々公表されていたのを、ようやく地上1mでの測定も開始したと報道された。
各区ではひと足早く「正確な情報を区民に伝え、不安をなくしたい」と、独自の測定結果を公表する流れができている。市民や共産党都議団が都内各地で独自に測定した結果を公表しようとするのも、行政の無策に手をこまねいていては身の安全を守れないと思うからにほかならない。「防災都市」をキャッチフレーズに再選された石原都知事。実態は都民を放射能の不安から守ろうとする危機感さえも薄いようだ。多くの国会議員の頭の中はすでに溶け出しているとしか私には思えない。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »